ダクタリンパウダー

ダクタリンパウダー2%の商品画像
商品の特徴

ダクタリンパウダーは、イミダゾール系のミコナゾール硝酸塩を有効成分として配合した抗菌薬です。
パウダータイプなので、夏の水虫などもさらっと快適に治療できます。

cart-line
ダクタリンパウダー2% 1本
¥2,400
カートへ
cart-line
ダクタリンパウダー2% 2本
¥3,600
カートへ
cart-line
ダクタリンパウダー2% 3本
¥5,000
カートへ
cart-line
製品名Daktarin Powder 2%
成分名硝酸ミコナゾール
製造元Johnson & Johnson
日本名ダクタリンパウダー2%
内容量20g / 本
発送国香港

ダクタリンパウダー2%の特徴

ダクタリンパウダー2%20gはイミダゾール系のミコナゾール硝酸塩を有効成分として配合した抗菌薬です。

特徴・効果ですが真菌を原因とする皮膚感染症治療薬です。
軟膏やローションではなくパウダー状になっているのが特徴と言えます。

ダクタリンパウダーの抗菌作用のメカニズムですが、真菌類が増殖するには細胞膜の生成することが必要不可欠です。
真菌の細胞膜の主要成分になっているエルゴステロールを生成することが真菌の増殖には必要不可欠になります。
ところがダクタリンパウダーの有効成分のミコナゾール硝酸塩には、このエルゴステロールの生成を妨げる作用をもっているので、真菌の増殖を抑制し殺菌的に作用を発揮するわけです。

具体的には白癬菌を原因とする真菌感染症に効果を発揮しますが、白癬菌が身体に感染することでおきるタムシや女性の性器周辺に頻繁に見られるカンジダ感染症によるかゆみやオリモノの増加や沁みるような感覚、高齢者のオムツかぶれなどに有効とされています。

ダクタリンパウダー2%の成分

硝酸ミコナゾール20mg

ダクタリンパウダー2%の用法用量

1日2回湿った患部にパウダーを散布して患部の乾燥を促し感染症を治療します。
特にソケイ部や手足・外耳など湿気が溜まりやすく、真菌感染症が頻繁に発生する部位につけることで改善を期待出来ます。

ダクタリンパウダー2%の副作用

ダクタリンパウダーはイミダゾール系の抗菌薬になるので、その副作用の可能性はあります。
ただし外用薬なので頻度は稀と想定されますが、肝機能障害や陣機能障害や循環機能障害や造血機能障害などがあり得ます。
使用中に異変を感じた場合には速やかに使用を中止し医療機関への受診が必要になります。

ダクタリンパウダー2%の注意事項

ダクタリンパウダーは外用薬タイプの仕様なので特に併用忌避薬などはありません。
そのため気質的疾患の治療のために何らかののみ薬などを併用することは特に問題ではありませんが、日本国内では厚生労働省の承認を得ていないので使用開始前には薬剤師などの専門家に相談することをおすすめします。

高齢者で寝たきりになっているような状況では、免疫機能も低下し、健康な状態であればさほど深刻でない症状でも重症化するおそれがあります。
特に性器カンジダなどは寝たきりや慢性消耗疾患の状態では、免疫機能の低下で患部が広がり強烈な症状を呈することがあります。
使用中に患部の状態が悪化したようなときも医師の診察を受けることが重要です。

選ばれる理由

ご注文からお届けまでの流れ(国内外商品)

ご注文からお届けまでの流れ(国内外商品)

もしも、ご注文確認のメールが届かない場合は、メールアドレスの入力誤りが予想されます。
恐れ入りますが、コチラよりお問い合わせ下さい。
また、携帯電話のメールアドレスでご注文された場合、メール受信の設定によってはメールが 届かない場合がございます。168webshop.netのドメインから届きますメールの受信設定をお願い致します。

カートの情報
カートを見る
left-lin
ログイン
新規会員登録
新規会員登録でポイントゲット
インフォメーション
ご利用案内
ご注文方法
個人輸入について
お支払い方法
配送・送料
ポイント説明
会社概要
特定商取引法の表示
プライバシーポリシー
よくある質問
商品リクエスト
サポート窓口
営業日カレンダー
2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30