アストラリーン(スピロペント錠と同成分)

アストラリーン の商品画像
商品の特徴

アストラリーンはスピロペント錠と同成分の気管支拡張薬。

気管支拡張以外にも腹圧性尿失禁の治療や筋肉トレーニングのアナボリック効果としての使用もされてます。

cart-line
アストラリーン40mcg 1箱(50錠)
取り扱い終了
cart-line
アストラリーン40mcg 2箱(100錠)
取り扱い終了
cart-line
製品名Astralean
一般名a href="../../../list/ingredient/line_ka.html#ku">クレンブテロール
製造元Alpha Pharma Healthcare
薬効部類喘息の薬
日本名アストラリーン、スピロペント
内容量50錠 / 箱
関連商品モノレス
発送国

香港

特徴

アストラリーンにはスピロペント錠と同じ「クレンブテロール塩酸塩」が主成分となります。
「クレンブテロール塩酸塩」は、気管支喘息や慢性気管支炎、肺気腫、急性気管支炎などの症状緩和や改善に処方される気管支拡張薬であり、医薬効果の持続時間は11〜15時間と長い事から喘息発作の予防薬としても処方されています。

気管支拡張のメカニズムは「クレンブテロール塩酸塩」が気管支でβ2レセプターに直接作用する事で細胞膜の内表面に存在する酵素であるアデニル酸シクラーゼを活性化し、更にアデノシン三リン酸から環状アデノシン一リン酸を増加させる事でプロテインキナーゼAが活性化され、気管支の平滑筋が弛緩し気管支が拡張します。
今までのβ刺激薬に比べ、心臓を刺激する作用が弱いのも特徴です。

又、クレンブテロールには筋肉の緩みで、うっかり尿を漏らしてしまうなどの腹圧性尿失禁の治療としても使用されています。

アストラリーンはイソプロテレノールやクロルプレナリン、サルプタモールなどよりも気管支拡張時間が長い事で気管支拡張薬として主に使用されていますが、実は他にもボディビルダーやアスリートの間で筋肉トレーニングのアナボリック効果としての使用もされてます。
その理由として、有効成分「クレンブテロール塩酸塩」がアドレナリンβレセプターを強く活性化させる事で筋肉増強効果や脂肪燃焼効果、タンパクの同化効果などのアナボリック効果が期待出来る為です。
体脂肪を効率的に減らしながら、筋力も大きく向上させます。
現在ではオリンピックのアスリートを始め多くの競技でドーピング検査の対象医薬品とされる長時間作用型β受容体刺激薬です。
海外の有名人ではシュワルツネッガーやスタローンも愛用していた事でも有名な医薬品ですが、アストラリーンやスピロペント錠はステロイドではありません。
副作用も強いので筋肉目的で使用の際は少量から使用をするか医師の指示のもとで服用してください。

成分

処方に際しては、高齢者や甲状腺機能亢進症患者、高血圧症患者、心疾患患者、糖尿病患者への処方は細心の注意が必要とされています。
また、妊娠中・授乳中の方の使用はできるだけ控えた方がいいと言われております。
選ばれる理由

ご注文からお届けまでの流れ(国内外商品)

ご注文からお届けまでの流れ(国内外商品)

もしも、ご注文確認のメールが届かない場合は、メールアドレスの入力誤りが予想されます。
恐れ入りますが、 コチラよりお問い合わせ下さい。
また、携帯電話のメールアドレスでご注文された場合、メール受信の設定によってはメールが 届かない場合がございます。168webshop.netのドメインから届きますメールの受信設定をお願い致します。

カートの情報
カートを見る
left-lin
ログイン
新規会員登録
新規会員登録でポイントゲット
インフォメーション
ご利用案内
ご注文方法
個人輸入について
お支払い方法
配送・送料
ポイント説明
会社概要
特定商取引法の表示
プライバシーポリシー
よくある質問
商品リクエスト
サポート窓口
商品名で探す(ア〜ワ)
   
       
商品名で探す(A〜Z)
A B C D E
F G H I J
K L M N O
P Q R S T
U V W X Y
Z
成分で探す
営業日カレンダー
2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31